離婚に応じないDVをする夫

夫からDVを受けている妻は暴力に耐えかね、家を出て、離婚しようと手紙で送っても応じない男性は結構多くいるものです。しかし、だからと言って面会して話し合いをしても、また暴力を振るわれてしまい、話を聞いてくれないのではないかと思い、できれば会わずに解決させたいと思う女性も多いのです。DVをする男性は、なかなか離婚に応じない人って多く、それはなぜなのか、実はDVをする男性の心理は「支配欲」からきております。

だから支配するための相手が逃げてしまいますと、甘えられる相手がいなくなってしまうことになるため、しつこく追いかけてくる人もいるのです。そうなのです、DVをする理由は「甘え」なのです。甘えた子供がそのまま大人となってしまい、暴力で思い通りにしていこうとしているので、なかなか相手の言い分を耳にしてくれないことがよくあります。

言葉では「相手が悪いからしつけのために殴った」と言う人もいますが、実際には自分のわがままを聞いて欲しいと言っているようなものなのです。なので、そのような人と別れるのは大変な場合が多いのですが、それでも暴力を振るわれて別れたいと思うのは誰でも当然のことだと思います。なかなか応じてくれない場合は、やはり法律事務所にいって弁護士に相談して調停離婚をできるようにすることが一番良いかと思います。弁護士を間に挟み、暴力からちゃんと逃れることができるためにも、家庭裁判所で調停の手続きをすることが良い方法だと思います。

関連サイト



Copyright(c) 2017 不貞の証明を得て離婚を決意しました All Rights Reserved.