離婚の際の法律で定められていること

離婚を考えておられる方でどの様なことに気をつければ良いのかを簡単に説明したいと思います。まず、一番に財産について法律で定められたのは、二人で作り上げた財産は均等に分けることになっています。どこの財産をどのように分けるのか、また誰がこの財産を持つのかなど、基本的には本人同士で財産を分け合うことになるかとおもいますが、それが上手くいかない場合には裁判所の審判によって決められます。

次に、離婚をされる際にお子さんがおられる方、またそのお子さんが未成年の場合には両親のどちらかを選ばなければなりません。このことを親権者といい、父母のどちらかが親権者としてふさわしいのかはお子さんの年齢や収入それから環境などによって様々ではありますが、お子さんにとってどちらと生活をするのがふさわしいかを自分たちで判断できない場合、協議や調停などによって決めることができます。小さいお子さんの場合には母親が親権を持つことが多いといわれています。

次に離婚をする場合、どちらかが原因で離婚をする場合、慰謝料の支払いを求めることができます。金額については支払い可能な金額になるかと思いますが、お互いの主張や意見などを述べたあと調停離婚になるか、お互いがいつまでたっても合意しない場合には裁判離婚という形をとられる場合もあります。また、お子さんがおられるかたには養育費の請求をすることも可能です。離婚はしても親子ですから父母などの収入面を考慮したうえで養育費をうけることが可能になります。実際には算定表を参考に決めている方がおおいそうです。

関連サイト



Copyright(c) 2017 不貞の証明を得て離婚を決意しました All Rights Reserved.